個人情報保護方針

人材育成Human resource development

当社は、OJT(実務を通じた能力開発)を基本とし、階層別研修、テーマ別スキル研修、語学教育などの人材育成に取り組んでまいりました。
新入社員に対しては、一定期間現場での研修を行い、安全や業務内容に対する理解を実践から身に付けていただきます。
入社後の研修に限らず、社内勉強会、通信教育、実務研修を通じて段階的に専門知識を身に付け、資格を取得できる環境を用意しています。
また、ネイティブ講師による少人数制の語学講座や海外研修など、グローバルな人材の育成にも力を注いでいます。
今後も、階層別研修の強化をはじめとする制度・仕組みの充実を図りながら、社員一人ひとりのキャリアアップを積極的に支援します。

階層別研修

研修名新入社員研修
対象者新入社員(大卒・高卒・キャリア採用者)
主な目的
  • 業界、当社の事業内容、および各部門の業務内容の理解
  • 安全意識の形成と基本的な安全行動の理解(体験型研修への参加)
  • ビジネス基礎マナーの習得
研修名本配属前現場研修
対象者新入社員(大卒・高卒)
主な目的
  • 各事業部の拠点などにおける実務を通じた業務内容や流れの理解
  • 安全意識の向上と安全行動の習慣化
研修名フォローアップ研修
対象者入社1年後の新入社員
主な目的
  • 仕事の振り返りを通じた自己の役割課題の理解
  • コミュニケーションとチームワークの重要性の再確認
  • より効果的な仕事の進め方の理解
  • 仕事に対する悩みや不安の解消
研修名管理職候補者研修
対象者管理職候補者(選抜者)
主な目的
  • 財務諸表の読み方と活用法の理解
  • リーダーシップの養成
  • プレゼンテーションスキルをはじめとする管理職になる上で必要なベーススキルの習得
研修名新任管理者研修
対象者新任管理者
主な目的
  • 管理者としてのマインドセット
  • マネジメントの原理原則の理解
  • リーダーシップの強化
研修名初級・中級管理者研修
対象者初級・中級管理者
主な目的
  • 意識の変容(ミドルマネジメントとしての役割と責任の理解)
  • 戦略的思考の養成
  • マネジメントスキル、財務分析力、コーチングスキルなどの習得・強化
  • 目標管理、人事評価スキルの向上
研修名上級管理者研修
対象者上級管理者
主な目的
  • 意識の変容(組織の牽引者としての役割と責任の理解)
  • ビジョンや戦略策定スキルの強化
  • 事業推進力の強化
  • 組織の統率や牽引力の強化

新入社員の研修スケジュールについて

10月
(内定式)
11月 12月 1月 2月 3月 4月
(入社)
5月 6月 7月 8月 9月 10月 翌年3月
入社前研修
(通信教育・レポート提出)
新入社員研修 本配属前現場研修 本配属 フォローアップ研修
10月(内定式) 入社前研修
(通信教育・レポート提出)
11月
12月
1月
2月
3月
4月(入社) 新入社員研修
5月 本配属前現場研修
6月
7月
8月
9月
10月 本配属
翌年3月 フォローアップ研修
  • 1. 入社前研修では、社会人としての一般常識やビジネスマナーなどについて通信教育を利用して学習します。
  • 2. 新入社員研修(集合研修)では、業界や当社の事業内容、業務関連法令、ビジネスマナーなどについて学ぶほか、安全体験研修や現場視察を行います。
  • 3. 本配属前現場研修では、当社の物流センターや輸送事業所、本社システム開発部など複数の業務に一定期間従事し、安全や当社業務に対する理解を深めます。
  • 4. フォローアップ研修では、入社後1年間を振り返りとともに、今後の自分を思い描き、自身のステップアップを図ります。

テーマ別スキル研修

  • 業務の基礎スキル向上を目的とした研修
    (例.ロジカルシンキング、ロジカルライティング、SWOT分析など)
  • 講師は社員が務め、講師自身の知識のたな卸しやプレゼンスキル向上も意図
  • 年間を通じて定期開催

各種勉強会

  • コンプライアンス(業法)や安全に関わる内容を始めとした社内講師による勉強会
  • 業務に深く関わりある内容について、任意参加形式による開催
  • 年間を通じて適宜開催

海外研修

  • アジア拠点での業務・語学研修

語学╱通信教育

  • 語学と通信教育は、講座によって受講料の全額、半額を会社が負担
  • 約40の会社推奨資格に合格した社員には、毎月免許手当を支給
    <例>危険物取扱者、通関士、運行管理者、衛生管理者など

その他

  • キャリア採用者による、他社での経験を踏まえた各種講話
    <例>ケミカルプラントの海外工場立上げについてなど
このページのトップへ戻る